陣痛とは

陣痛とは

赤ちゃんを子宮から出す為に、子宮が収縮する時の痛みのことを言います。

痛みは継続して痛むのではなく、痛みと痛みの間には必ず休憩があります。
この休憩の間に眠くなることがあるのですが、これは体が少しでも休めようとする
働きからだそうです。
この休憩のときには、まったく痛みは感じません。
しかもこの痛みと痛みの間隔は非常に規則的です。
数十秒の痛みのあと、5分の休憩があり、また痛み、また5分の休憩とゆうように
次第にその休憩の間隔が短くなり、痛みも増し、痛みの時間も長くなっていきます。
この痛みと痛みの間隔が、1分くらいになれば、いよいよお産が近くなります。
5分〜1分の間隔になるまで、あまり時間がかからないように思いますが、
5分間隔の陣痛が始まってから1時間後には出産していたとゆう超安産の人から、
私のように5分間隔の痛みから、出産に至るまでに実に27時間かかる人がいるように、
個人差があります。こればかりは産んでみないとわかりません。